加齢とヘアケア

  • 髪の毛と女性ホルモンの関係

    髪の毛と女性ホルモンの関係

    女性ホルモンとは卵巣から分泌されるホルモンで、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲストロンがあります。女性ホルモンの分泌のピークは20代で、30代で徐々に減少し、40代後半から50代後半の更年期にかけてはグンと下降します。加齢に伴ってホルモンの分泌量が減ると、ハリやツヤがなくなり白髪が目立つようになるなど、髪質にも変化が表れてきます。

    年代による髪質の変化について

    20代では女性ホルモンの分泌が盛んなため、髪の状態も良好ですが、30代になると徐々に髪の毛が乾燥しやすくなり、うねりがでてきはじめます。40代から50代にかけての更年期前後は、髪の毛の状態が悪くなるだけでなく、白髪や薄毛も気になり始めます。60代以降になると髪質が大きく変化し、50代に比べ白髪や薄毛が目立つようになります。60代以降はかなり個人差があるようで、髪の分け目や頭頂部が透けて見える人から、ツヤツヤの黒髪を維持している人もいます。

    加齢による抜け毛や薄毛を防ぐために

    加齢による抜け毛や薄毛を防ぐために

    加齢による薄毛対策は、まずは生活習慣を見直すことが一番です。毛穴が詰まると抜け毛の原因になるので、ていねいにシャンプーをして、十分なすすぎをすることが大切です。また、普段の食生活も見直し、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。髪に毛の成分の基本はたんぱく質ですが、肉ばかり食べていては血流が悪くなり、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

    まとめ

    加齢による髪質の変化は、自然現象とも言えます。あまり気にしてストレスをためるより、適度な運動をして血液の循環を良くし、十分な睡眠をとって代謝を良くすることが、加齢による抜け毛や薄毛を防ぐ方法といえるようです。

女性の抜け毛対策法

Copyright (c) 2016. www.felixtoran.com. All rights reserved.

Top