産後の抜け毛改善法

  • 産後の抜け毛はホルモンバランスの乱れが原因

    産後の抜け毛はホルモンバランスの乱れが原因

    妊娠後期になると女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増加しますが、この時期は頭髪も女性ホルモンの影響を受けて、ヘアサイクルが成長期にあります。ところが出産によって、エストロゲンやプロゲステロンの多量の分泌が必要なくなったために、急速に女性ホルモンの分泌が減っていきます。そこで、成長期を維持してきた毛髪が一気に休止期に入ってしまいます。産後の抜け毛はヘアサイクルが休止期に入ったためで、あまり気にする必要はありません。

    抜け毛はいつ頃解消されるの?

    抜け毛はいつ頃解消されるの?

    一時期にかなり抜け毛が目立ちますが、この抜け毛は産後のママの約7割が経験しており、出産後1年後くらいには元に戻ります。ただ、二度目、三度目といった場合の出産や高齢出産は、回復に2年近くかかることもあるようです。産後の抜け毛が1年たっても改善できない場合は、育児によるストレスや、睡眠不足、食生活の乱れなどが原因で、自律神経が乱れているのかもしれません。

    稀に妊娠前にカラーや縮毛矯正などを重ね、頭皮を弱らせてしまっている人は、出産後もそのまま抜け毛が続き、薄毛になってしまうこともあります。そうならないためにも、規則正しい生活を送り、ストレスをためないことです。赤ちゃんが生まれたことは何よりうれしいことですが、出産後は母乳の出が悪かったり、夜泣きなどで睡眠不足になるなど、子育てが思うようにいかずイライラすることも多くなります。そんな時に、髪の毛がどんどん抜けていくと「出産後うつ病」になりかねません。がまんせず、パートナーやまわりの人にSOSを出すことも大事です。

    まとめ

    髪の毛が長いと1本抜けても気になりますが、短いとあまり気にならなものです。もし髪の毛を伸ばしているなら、イメージチェンジを兼ねてショートにしてみるのも良いでしょう。気持ちも明るくなるに違いありません。産後の抜け毛は、そのうち治まるものなので、必要以上に気にしないようにしましょう。

女性の抜け毛対策法

Copyright (c) 2016. www.felixtoran.com. All rights reserved.

Top