紫外線が髪の毛をダメにしている

  • 紫外線が頭皮や髪の毛に与えるダメージ

    紫外線が頭皮や髪の毛に与えるダメージ

    皮膚にできるシミやシワは気にしてUVカットのクリームを使っているものの、頭皮は無防備になりがちです。頭皮はふつう青白いものですが、ジワジワ日に焼けて、髪の分け目が赤黒く変化してしまうことがあります。このような状態になってしまったら、かなりの紫外線を頭皮に取り込んでいるということです。頭皮の中には髪の毛を作る毛母細胞がありますが、この細胞がダメージを受けると、ヘアサイクルが乱れて、スムーズに新しい髪の毛が生えてこないことがあります。また、赤茶けたり枝毛になったりするほかにも、秋口には抜け毛に悩ませられることになります。

    紫外線から頭皮や髪の毛を守るための対策

    紫外線から頭皮や髪の毛を守るための対策

    頭皮や髪の毛の日焼けを防ぐには、外出するときにUVカット加工の帽子をかぶったり、同じくUVカット加工の日傘を用いたりしましょう。しかし帽子を1日中かぶり続けていると、汗で蒸れて雑菌を繁殖させることになるので、気を付けましょう。

    髪の毛の紫外線対策の一つとして、洗い流さないUVカットトリートメントやUVカットスプレーを用いる方法もあります。そのほかにも、ビタミンCを含む柑橘類、イチゴやトマト、ビタミンEを含む卵や大豆製品、ナッツ類、緑黄色野菜を摂取するのも効果があります。

    まとめ

    抜け毛が増えるのは秋口ですが、これは夏に浴びた紫外線で髪の毛がダメージを受けたことも原因ですが、生物学的なことも関係しています。動物は秋口に夏毛から冬毛に生えかわるので、毛が抜けやすくなります。人もやはり動物なので、秋口の抜け毛が多くなりますが、この抜け毛は生理的なものなのであまり気にすることはないでしょう。

女性の抜け毛対策法

Copyright (c) 2016. www.felixtoran.com. All rights reserved.

Top